人気ブログランキング |

バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会長崎県大会結果・・・とOBの活躍

予選グループは1勝1敗で突破できず。
特に2試合目は坂本のチームとして江島コーチにいろいろ教えてもらったこと、やってきたことが出せなかったことが悔しかったですね。
やはり、どんなときでも落ち着いて持っている実力を出せる精神力が必要だということをコーチは強く感じました。

さて、みんなは今日の敗戦を通じて何が足りないと感じましたか。

予選Eグループ
■ vs 東浦FC ○5-2
■ vs 大島FC ●3-6

写真はもう少し待ってください。
復興アリーナは照明が良いので写真もそれなりに撮れていました・・・と言っても1試合目は応援に忙しくシャッターを押すのを忘れていることが多かったので、2試合目は専属カメラマンと交代でした。

話題は変わって・・・フェニックスOBはがんばりました。
高校3年生のたいきとりょうへいが出場していた総科大附属は選手権長崎県大会優勝で全国大会です。
たいきは歩き方が相変わらずですぐ分かります。小学6年生のたいき
りょうへいもがんばってました。小学6年生のりょうへい

ちなみに、この代のキャプテンだったこうきは、進学校で3年生は引退しているはずなのに選手権県大会に出て点を決めていたという情報あり・・・コーチは同じことをやって浪人したのでしっかり勉強するように。
高校2年生でキャプテンとしてチームを25年ぶりの県大会へ進めたけいたは1回戦で散ってます。
by nagasaki_phoenix | 2013-11-16 18:16 | 試合講評


<< バーモントカップ第23回全日本... バーモントカップ第23回全日本... >>