人気ブログランキング |

卒業おめでとう<かんだい編>

今回は「シティボーイ」かんだいです。

d0125380_21153451.jpg

かんだいの背番号は7番でした。

シティボーイという言葉は既に死語(今はもう使われない言葉)ですが、まあ都会的なスマートな少年というところでしょうか。
そういう意味では、確かにかんだいは何事もそつなくこなすスマートなやつです。

そして、足元ははっきり言って上手いです。
リフティングなんぞはお茶の子さいさいでかなり器用です。

フェニックスに来た頃は、シティボーイというにはちょっと(かなり)体型が太めで、息もすぐあがっていましたが、試合でガンガン走って体が絞られてくるにつれて、技の切れもあがりスピードにも乗って、ゴールを量産するようになりました。ナルックスでのハットトリック大逆転劇が記憶に残ります。

そして何と言ってもかんだいは左足のシュートが正確でした。通算ゴールでは左足のゴールのほうが多いと思います(右利きですが)。
キックも飛ぶし正確なので、ゴールキックやコーナーキックはかんだいが蹴っていました。

一方、シティボーイですからガツガツしたことは好みません。ファールぎりぎりで体をぶつけ合うということはほとんど見られませんでした。そこははっきり言って物足りなかった。

シティボーイは受験もそつなくこなします。
親の心配はどこ吹く風、あくまでスマートに合格です。

そしてシティボーイの必須アイテムは英語です(正確にはアイテムではありません・ちなみにコーチは英語が苦手で浪人しました)。受験とサッカーをこなしながら、なんと英検3級合格(中学卒業レベル 基本的な英語を理解し、特に口頭で表現できる by Wikipedia)ということもやってのけます。ほんとうはかなり努力したはずですがその努力を表に出さないのがシティボーイです。ちなみに、けいたはそれを聞いただけで勉強もしないうちから「俺は英語が駄目だ」とへこんでいました。

中学生になったら、ボディコンタクトも強くなり、またいろいろと激しい競争にさらされることになります。その時には、闘志をむき出しにしてスマートでなくかっこ悪くても良いので全力でぶつかって道を切り開いて欲しいと思います。
Yes, you can.




共通の質問です。

【質問1】フェニックスで楽しかったこと(試合以外)
夏の練習後のアイスが最高だった。

【質問2】記憶に残る試合は
ナルックスでの決勝戦。 絶対に勝ってると思った。
緊張した一戦だったので想い出深い。

【質問3】どんなプレーヤーを目指すのか
テクニカルな誰も予想しないプレーをやっていきたい。

【質問4】みんなにアピールしたいサッカー以外の趣味・特技
海洋生物に関する事すべて。

【質問5】後輩たちに一言
プレー前の心構えが大事。
勝つために手段は選ぶな(笑)


d0125380_21154768.jpg
華麗なステップ。松山にて。

d0125380_21162819.jpg
前を向いて抜くぞ。

d0125380_21172549.jpg
ボールを追う。大崎くじゃく園グランド。

d0125380_21173680.jpg
左サイドを駆け上がる。出津小学校にて。

d0125380_2118478.jpg
前傾姿勢で突破を図る。はっきりスリムと分かる体型。鈴田小学校にて。

d0125380_21184819.jpg
レインボー戦最大のチャンスでした。かきどまりにて。

d0125380_21194597.jpg
軽やかに走る。鈴田小学校にて。

d0125380_2119584.jpg
スピードに乗ったドリブルが魅力になりました。かきどまりにて。

d0125380_21205177.jpg
キックも飛ぶ。小江原小学校にて。

d0125380_21205885.jpg
ロングパスよりもミドルのパスが得意でした。真城小学校にて。

d0125380_2121353.jpg
ゴールキックを蹴る。西海橋グランドにて。

d0125380_21212799.jpg
コーナーキックも蹴る。雪のかきどまりにて。

d0125380_21214346.jpg
ゴール前シュート。寄せるのはたか。松山にて。

d0125380_21215332.jpg
ハットトリック後のかんだい。

d0125380_2122222.jpg
ふくよかな頃のかんだい。
お父さんかと思った・・・
by nagasaki_phoenix | 2009-03-16 21:49 | 2009年卒業生紹介


<< 3月22日(日)フェニックスお別れ会 3月15日(日) 下田杯二日目結果 >>